心カテ隊長さんのページ
Level 4
767
ポイント

質問数
1

回答数
156

  • Level 4 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 1:解剖と疾患.

    微妙にニュアンスが違いますがほとんど同じだと思います。

    「側枝」は本幹(ホンカン)と呼ばれる太い冠動脈(RCAなら#1〜4 / LADなら#6〜8 / LCXなら#11, #13-15)から生えている細い血管の総称で英名でside branchと言ったりもします。

    「枝」は「側枝」のことを基本的に指していると思うのですが、冠動脈の走行によっては本幹の一部を大雑把に「枝」と言う場面もあり定義が曖昧です。

    「枝」と「側枝」の違いについてあまり深く考えたことがなくあまり自信がないのですが、この認識で合ってるはずです。

    もし誤りがあればどなたかご指摘いただければ幸いです。

    • 9502 閲覧数
    • 1 回答数
    • 0 投票数
  • Level 4 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.

    まず、梗塞部位が広範囲に広がると心機能が著しく低下して心不全に陥ります。
    そして、心室の一部が梗塞し壊死した場合、回復後もVPC(心室期外収縮)やVT(心室頻拍)が出る可能性があります。

    心筋梗塞によって壊死した心筋は脆くパーフォレーションしやすいです。
    そういった意味で、心筋梗塞後のVTのアブレーションは他の疾患と比べパーフォレーションのリスクが高くなる傾向があります。

    • 10016 閲覧数
    • 1 回答数
    • 0 投票数
  • Level 4 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.

    こんにちは。

    右冠動脈が閉塞すると、
    洞徐脈(シックサイナス)もしくは房室ブロック(AVブロック)という徐脈性不整脈が起こります。

    なぜなら、右冠動脈は刺激伝導系の一部である洞結節と房室結節に酸素を送っているため、
    右冠動脈が閉塞する事で、それら刺激伝導系が酸欠になり機能低下するからです。

    また、患者さんによってはLCXが房室結節を栄養している方もいらっしゃるので、
    そうした場合ではLCXが詰まると房室ブロックが起こり得ます。

    • 28939 閲覧数
    • 1 回答数
    • 0 投票数
  • Level 4 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 1:心カテ検査.

    アデホス注のスケール表は持っていますが、
    メーカーさんからいただいたものですので、
    著作権の問題で一般公開できません。

    カテ室に出入りしているディーラーさんにお願いするか
    メーカーさんに直接お願いすると見やすく使いやすい表がもらえますよ♪

    • 4054 閲覧数
    • 1 回答数
    • 0 投票数
  • Level 4 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 1:心カテ検査.

    こんにちは。
    totalの意味は100%閉塞で間違いありません。

    言葉の語源は
    慢性完全閉塞の英名である
    chronic total occlusion(略称:CTO)
    から来ています。

    同じ完全閉塞でも先生によって呼び方が違いますので
    この機会に和名・英名・略称をセットで覚えておきましょう。

    • 11235 閲覧数
    • 1 回答数
    • 0 投票数
  • Level 4 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.

    本回答はハートのエース様より寄稿していただきました:

    依頼原稿執筆中にこのサイトを見つけました。
    非常にわかりやすいです。

    僕自身は心臓血管外科医生活も既に25年以上経過し、
    冠動脈バイパス術も4千例以上は手術してきましたが、
    研修医時代に当時米国帰りの指導者にその違い(inetrmediateとhigh lateral)を聞いたことを思い出しました。
    懐かしいです!


    記憶違いでなければ、intermediateはLADの分枝に見えるLMT-LAD起始部近くから出ている枝、
    high lateralはLCxの分枝に見えるLMT-LCx起始部近くから出ている枝という説明を受けました。

    要するにLADが大きい患者さんで、D1またはそれに沿っているように見えればintermediate、
    LCx本幹がしっかりしている(優位である)患者さんでOM(#12)に沿って見えればhigh lateralというわけです。

    PCIの時の分枝閉塞予防のワイヤークロス、
    バルーン拡張時のプラークシフト時などで関係する冠動脈分枝だと思うので、
    その都度確認しておくことが重要でしょうね。

    ちなみに米国の心臓外科医たちは総称してRamus=枝と呼ぶのが一般的のようです。
    心カテ隊長頑張って下さい。

    This answer accepted by 匿名. 2014年6月22日 Earned 15 points.

    • 52275 閲覧数
    • 1 回答数
    • 0 投票数