カテ中にDrが話している「HL」とは何ですか?

はじめまして。
心カテ室看護師です。

先日Drが「HLが詰まっている」と話していました。
自分なりに調べましたが、よくわかりません

LADとLCXの間から出ている血管で、intermediateと呼ばれるものですか?
AHA分類だと何番になるところですか?
一般的な冠状動脈の解剖にはあまり載っていないようですがその理由ななぜですか?

匿名 Level 3 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
コメントの追加
1 回答数
Best answer

本回答はハートのエース様より寄稿していただきました:

依頼原稿執筆中にこのサイトを見つけました。
非常にわかりやすいです。

僕自身は心臓血管外科医生活も既に25年以上経過し、
冠動脈バイパス術も4千例以上は手術してきましたが、
研修医時代に当時米国帰りの指導者にその違い(inetrmediateとhigh lateral)を聞いたことを思い出しました。
懐かしいです!


記憶違いでなければ、intermediateはLADの分枝に見えるLMT-LAD起始部近くから出ている枝、
high lateralはLCxの分枝に見えるLMT-LCx起始部近くから出ている枝という説明を受けました。

要するにLADが大きい患者さんで、D1またはそれに沿っているように見えればintermediate、
LCx本幹がしっかりしている(優位である)患者さんでOM(#12)に沿って見えればhigh lateralというわけです。

PCIの時の分枝閉塞予防のワイヤークロス、
バルーン拡張時のプラークシフト時などで関係する冠動脈分枝だと思うので、
その都度確認しておくことが重要でしょうね。

ちなみに米国の心臓外科医たちは総称してRamus=枝と呼ぶのが一般的のようです。
心カテ隊長頑張って下さい。

心カテ隊長 Level 4 2014年6月21日に回答しました
コメントの追加


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。