ダブルバルーンテクニック ダブルガイドワイヤーテクニック

いつも参考にさせていただいております。
循内の先生のブログなどを読んでいてイメージがつかなかったものについて
教えていただければと思い質問いたします。

ダブルバルーンテクニック
ダブルガイドワイヤーテクニック

について教えていただけると幸いです。
ダブルガイドワイヤーテクニックは石灰化がひどく、診断用カテーテルが通過しない症例に使われたようです。

自分なりに調べ考えた内容ですが、
ダブルバルーンテクニックは、2つのバルーンのついたカテーテルで、閉塞部で1つ目を膨らまし、その後ろで2つ目を膨らます。一つ目を元に戻して進み、次の閉塞部で同じことを繰り返す
ダブルバルーンテクニックは、ファーストチョイスワイヤー挿入後、それに沿う形でテーパーワイヤーを使いごりごり削り、カテーテルが通過できるようにしたのかと解釈してます。

以上よろしくお願いいたします。

jokin Level 0 2017年8月16日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
コメントの追加
0 回答数


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。