ログ表上での焼灼部位決定経過の記録のされ方(電医学的アプローチ)

AVNRTで、焼灼部位を探すとき、は、ABLカテーテルで、心内心電図の波形の変化で焼灼部を決めることは、理解できています。電位学的アプローチで、ABLカテーテルを使い焼灼部位を探している時の記録は、ログ表にはどのような形で残るのですか。ペーシングした時のような、プロットにはならないのですか。

hukinotou Level 0 2020年2月8日 の質問 / カテゴリ: 1:心電図.
コメントの追加
0 回答数


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。