体外式ペースメーカー

体外式ペースメーカーや植え込み式ペースメーカーでゆっくりペーシングレートを落としてゆく必要があるのはなぜですか?いきなりペーシングoffにしてはいけないのですか?

guest Level 1 2016年3月22日 の質問 / カテゴリ: 2:ペースメーカ / ICD / CRT.
コメントの追加
1 回答数

一番の理由としてサイナスアレスト(洞停止)のリスクが挙げられます。

ペーシングがのってる時、心臓は自己脈を打っていない(=休んでる)状態になります。
この状態ままいきなりペーシングをOFFにすると、心臓がすぐに自己脈を打たずアレストになる場合があります。
ですので徐々にペーシングレートを落としていき、自己脈を促します。

また一気にOFFにすると、心拍数が急激に落ち患者さんが気持ち悪くなることがあります。
徐々にレートを落とすことで患者さんの負担を和らげる効果もあります。

心カテ隊長 Level 4 2016年3月26日に回答しました
コメントの追加


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。