冠動脈の「枝」と「側枝」の違いについて

冠動脈の「枝」と「側枝」は別物でしょうか?

匿名 Level 3 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 1:解剖と疾患.
コメントの追加
1 回答数

微妙にニュアンスが違いますがほとんど同じだと思います。

「側枝」は本幹(ホンカン)と呼ばれる太い冠動脈(RCAなら#1〜4 / LADなら#6〜8 / LCXなら#11, #13-15)から生えている細い血管の総称で英名でside branchと言ったりもします。

「枝」は「側枝」のことを基本的に指していると思うのですが、冠動脈の走行によっては本幹の一部を大雑把に「枝」と言う場面もあり定義が曖昧です。

「枝」と「側枝」の違いについてあまり深く考えたことがなくあまり自信がないのですが、この認識で合ってるはずです。

もし誤りがあればどなたかご指摘いただければ幸いです。

心カテ隊長 Level 4 2014年6月21日に回答しました
コメントの追加


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。