心カテ後病棟でシース抜くまでの安静について

カテ室が忙しく、鼠径からのアプローチだった患者さんがAシースを残して病棟に帰って来ました。まずストレッチャーからスライダーを使ってベッドへ移動させ、看護師2人でカテ室から敷いてあった防水シートを取り、検査着などゴワゴワになってたシワをきれいにして上向きにしました。シースをこれから抜くので防水シートはあった方がいいのは知ってましたが、患者さんの体格が大きめで汗もかいてて検査着も湿ってて。鼠径の下、臀部下には平オムツが敷いてあったのでそれで充分対応できると判断し、ぐしゃぐしゃの体全体を覆うようなシートは剥がしたのですが。そのあとリーダーナースになんで剥がしたのかと怒られました。怒った理由を聞かないままに勤務終了し、その方は夏期休暇で一週間いません。モヤモヤしてます。

単に、いつもやっているようにシートを取ってしまったのを怒ったのか?

シースが残っているのに患者さんをゴロゴロ動かしたのを怒ったのか?

でもスライダー使うときも、患者を横に向けますし、向けるときは患者が足を曲げないよう注意してこちらが他動的に行ってます。シースがあるからと絶対安静側臥位禁ではないですよね?

NANA Level 1 2016年9月9日 の質問 / カテゴリ: 1:心カテ検査.
コメントの追加
0 回答数


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。