造影カテーテルとPCI用ガイディングカテーテルの違い

先日、個別にメールでいただいた質問をこちらに転載します。

ーーーーーーーーー転載ここからーーーーーーーーーー

CAG、PCIで使用される造影用カテーテルとガイディングカテーテルの違いがいまいち分かりません。
造影用カテーテルとはシーズのことを意味するものでしょうか。

ーーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーー

心カテ隊長 Level 4 2015年6月19日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
コメントの追加
1 回答数

>造影用カテーテルとはシーズのことを意味するものでしょうか。
 

いえ、造影用カテーテルとシースは全く異なります。

 
造影用カテーテルは、4Frの細いカテーテルで、CAGなど造影のみに使用されます。
1本1本、袋に包装された状態で、カテ室のラックに無造作に置かれてる細長いカテーテルがあるはずです。
それが造影用になります。

 
対して、PCI用のガイディングカテーテルは、主にバルーンやステントを冠動脈内に運ぶ目的で使用されます。
太さも造影用カテーテルより太く、5Fr/ 6Fr/ 7Fr/8Frのサイズバリエーションがあります。

 
Mach(マック) / ハートレール / ランチャーなど、メーカーによっていろんな名前で呼ばれています。
また、包装も造影用カテーテルに比べ丁寧で、1本1本箱詰めされています。

 
カテ室内をよーく見渡してみてください。
たくさんの白い縦長の箱が、カテ室の隅っこできれいに保管されてると思います。
それがPCI用ガイディングカテーテルです。

 
一度、業者さんやメーカーさんにお願いして、実物を見てみるとイメージが湧きやすいと思います。

 
「造影カテーテルとPCI用ガイディングカテーテルの実物を見たいのですが、見せていただけますか?」

 
と、お願いしてみてはいかがでしょうか。
両者ともぱっと見似ていますが、よーくみると全然違うカテーテルなので、実物を見るのが一番良いかと思います。

心カテ隊長 Level 4 2015年6月19日に回答しました
コメントの追加


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。