CAGの時にIS(ニトロール)マークを入れる意味

こんにちは。カテ室に移動して2年ほどたちます。気になりつつ、質問する機会を逸して、聞きづらくなってしまいました・・・。教えてください。
当院では、ニトロールをISと呼んでいるのですが、CAGの際、ISマークを入れて撮影してから冠動脈を撮影するときと、特にそのようなことをせずにISを注入して冠動脈を撮影するときがあります。
放射線技師さんも工学技士さんも、医師に「ISマーク!」といわれる前に、ちゃんとマークを用意して、入っていきます。
マークを使う患者さんとマークを入れないで撮影する患者さんと、何が違うのか、よくわからないまま、時間が経過してしまいました・・・。

匿名 Level 3 2014年9月26日 の質問 / カテゴリ: 1:心カテ検査.
コメントの追加
1 回答数

まず、大前提として正確な診断をするためには
本来、すべてのCAGでニトロールは使われるべきです。

しかし、患者さんの個々の状態や当日の検査内容によっては使わないこともあります。

まず、ニトロールが禁忌の患者さんに対しては使いません。
具体的には、緊急カテなどで重篤な低血圧状態に陥ってる患者さんや
前回のCAGでニトロールを使って調子が悪くなった(=過敏症)などです。
こうした患者さんの個別の状態を考慮し医師の判断でニトロールを使いません。

また、アセチルコリン負荷試験を行う患者さんに対しても使いません。
アセチルコリン負荷試験前にニトロールを冠注してしまうと
ニトロールの影響で攣縮が誘発されにくい状態になることがあります。
そのため、ニトロールを使わず造影します。

それと、意外と多いのが術者の先生の「うっかり忘れ」です。
若手の先生が他のことに気をとられると、
ニトロールの冠注せず、いきなり造影剤を流すことがあります。

すぐ近くにベテランの先生がいれば指摘してくれることもあるのですが、
そのまま見過ごして手技が進んでいくこともあります。

ニトロールを使わない理由としてはこうした背景が考えられます。

心カテ隊長 Level 4 2014年9月29日に回答しました
コメントの追加


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。