FFRの現状等を教えていただけますでしょうか?

解決済み

不躾な質問でスミマセン
じつはあるセミナーのコメンテーターを引き受けました。
看護師の立場でコメントを自由にお願いします…といわれたのですが、
じつは当施設ではお恥ずかしいながらFFR測定をしていません。
なのでどうぞご自由に…と言われても…わからないんです。

どうか看護職として最低限度理解しておかなければいけない知識と、可能ならばどんな質問・コメントが妥当なのか?施設におけるFFRの現状などを教えて頂きたいです。

用件だけでスミマセン

匿名 Level 3 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 1:心カテ検査.
コメントの追加
1 回答数
Best answer

質問を整理させていただくと、

“FFRに関するセミナーのコメンテーターとしてコメントする際に、
知っておくべき最低限度の知識と
どのようなコメントをすればよいのかが知りたい”

という質問でよろしかったですか?

まず“最低限度の知識”ですが

■FFR測定時の看護師の仕事
①ATPの投与
②FFR値の記録

■FFR値の読み方
FFR値<0.8だとPCI適応対象

以上は必ず押さえておきましょう。

FFR測定時の看護師の仕事は
①ATPの投与と②FFR値の記録の二つです。

①のATP投与では医師の指示に従って規定量のATPを静注していきます。
そして②のFFR値の記録では、得られたFFR値を電子カルテなどに記録していきます。

FFR値を記録する際に、FFR値がいくつだとPCIの適応になるのかを知っていると
手技の先読みができて手技中の動きがスムーズになります。

PCIを適用するFFR値は施設によって差がありますが
FFR値<0.8でPCIを適応していく施設が多いです。

次に、“どのようなコメントが良いか”という質問ですが、
看護師の立場からコメントするのであれば

■ATP投与中の看護で気をつけていること

ここの1点を押さえたコメントが良いかと思います。

患者さんにATPを投与すると
血圧が下がり悪心など気分不快を訴えられるケースがあります。
そして、稀にAVブロックを起こすこともあるので
ATP投与中は常に患者さんの容態を気遣う必要があります。

このあたりの看護体制は施設によって変わってくるので
例えばプレゼンテーターに対して
「あなたの施設ではどのような看護体制で行っていますか?」
みたいな質問は答えやすいですし、聴衆側も勉強になると思います。

心カテ隊長 Level 4 2014年6月23日に回答しました
コメントの追加


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。