PCI時に行う側枝保護とはどういったものなのでしょうか?

解決済み

いつもお世話になっております。
さっそくの質問なのですが、PCI時に行う側枝保護とはどういったものなのでしょうか?
なかなか良い資料がなく困っています(苦笑)
新人に分かるレベルでご教授よろしくお願いします!

匿名 Level 3 2014年6月21日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
コメントの追加
1 回答数
Best answer

こんにちは!
側枝保護はPCIの具体的な戦略・テクニックになってくるので
詳しく解説している資料は少ないでしょうね 笑

側枝保護とは、ステント留置の際に誤って別の血管を塞がないための安全策として用いられるテクニックです。

側枝をまたいでステントを留置する際、
ステント拡張時に側枝を塞いでしまい、側枝の血行を遮断するリスクがあります。
側枝を詰まらせる要因はいくつかありますが、一番多いのはプラークシフト(治療病変のプラークがステント留置によって移動し、側枝の入口部を塞ぐ現象)です。

しかしステント留置前にあらかじめ側枝保護用に1本ワイヤーを入れておけば
そのワイヤーをたよりに塞いだ側枝を拡張しにいけるので
万が一のバックアップとして側枝保護を行います。

心カテ隊長 Level 4 2014年6月21日に回答しました
コメントの追加


スポンサードリンク
 

あなたの回答

投稿された方は 利用規約 に同意したものとみなされます。