質問の一覧
質問の一覧
表示件数
  • エクステンションカテーテルとマイクロカテーテルの違いがわかりません。教えてください。

    jm Level 0 2018年8月11日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
    • 52 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • この前ガイドジーラというものを使用していましたが、あれはどのような目的で使用するデバイスなのでしょうか。教えてください。

    jm Level 0 2018年8月10日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
    • 41 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • なんでしょうか? またmodified jailed balloon techniqueというのもあるようです。 教えてくださいm(__)m

    jm Level 0 2018年8月7日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
    • 40 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • 新卒で循環器を扱う企業に入社した者です。 アブレーションの症例ごとでカルトを使ったりエンサイトを使ったりしています。 それに伴ってパッチなども変わることは理解できましたが、症例ごとで向き不向きがあるのでしょうか。 ある場合はどういった判断で変えているのでしょうか

    shobad Level 0 2018年5月12日 の質問 / カテゴリ: 2:アブレーション.
    • 554 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • 先日ペースメーカーのチェック時患者さんから、最近すごく息切れするのよ。階段の登り降りや部屋の端から端へ歩くのもしんどいと言われ、調べるとレートレスポンスがONになっており、先生からレートレスポンスの設定を早めに入るように変更できないか?と聞かれました。 早めに反応するようにする場合、センサー閾値などどれからどのように変更した方がいいのか、また各設定の意味を教えていただけませんでしょうか?

    Mary Level 0 2018年3月20日 の質問 / カテゴリ: 2:ペースメーカ / ICD / CRT.
    • 483 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • 循環器初心者です。医師のカテの記録に「D2でLoss」と書かれていました。D2はおそらく対角枝のところかな?と思ったんですが、Lossというのは結局どうなったのかが分かりませんでした。教えて頂けたらありがたいです。

    meiko Level 0 2017年11月9日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
    • 1047 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • カテの結果で♯5 short と表記される事があります。shortとは何を指すのかわかる方いれば教えてください。

    mina Level 0 2017年10月31日 の質問 / カテゴリ: 1:心カテ検査.
    • 786 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • カテ後に一時的に除脈になり、右内頸から冠静脈洞をとおりリードを留置し、テンポラリーをつないできた患者さんがいました。モードはVVIでレート80設定でした。なぜかペーシングがT波の後に入っていたのですが、HR80でしっかりペーシングされていました。なぜ、T波の後にVペーシングが入るのですか?

    jeNNy Level 0 2017年10月2日 の質問 / カテゴリ: 2:ペースメーカ / ICD / CRT.
    • 572 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • PVI後に、リングカテーテルから全周性にペーシングを行うとき、時々ローカルキャプチャを認めますが、ローカルキャプチャとはどういう現象でしょうか?解剖学的視点からご教示いただけますでしょうか。

    bon Level 0 2017年9月8日 の質問 / カテゴリ: 2:アブレーション.
    • 719 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数
  • いつも参考にさせていただいております。 循内の先生のブログなどを読んでいてイメージがつかなかったものについて 教えていただければと思い質問いたします。 ダブルバルーンテクニック ダブルガイドワイヤーテクニック について教えていただけると幸いです。 ダブルガイドワイヤーテクニックは石灰化がひどく、診断用カテーテルが通過しない症例に使われたようです。 自分なりに調べ考えた内容ですが、 ダブルバルーンテクニックは、2つのバルーンのついたカテーテルで、閉塞部で1つ目を膨らまし、その後ろで2つ目を膨らます。一つ目を元に戻して進み、次の閉塞部で同じことを繰り返す ダブルバルーンテクニックは、ファーストチョイスワイヤー挿入後、それに沿う形でテーパーワイヤーを使いごりごり削り、カテーテルが通過できるようにしたのかと解釈してます。 以上よろしくお願いいたします。

    jokin Level 0 2017年8月16日 の質問 / カテゴリ: 2:PCI.
    • 892 閲覧数
    • 0 回答数
    • 0 投票数